肌荒れラボ

MENU

肌荒れ発生!その時、あなたの対応は間違っていない?

「季節の変わり目で肌の調子が悪くなった」
「化粧水を変えたわけでもないのにピリピリとしみる」
「急に顔にブツブツができた」

 

そんな「肌荒れ発生」の時、どうしますか?
「迷わず皮膚科のクリニックへ行って治療してもらう」という人は少数派です。
たいていの人は自前のスキンケアでなんとかしようとします。
ただ、その時の対処法に間違いがあったら大変です。
せっかくのスキンケアなのに逆効果になりかねません。

肌荒れの原因をまず突き止める

肌荒れを改善するには、その原因にマッチした対処法である必要があります。
花粉症の症状としての肌荒れならば花粉症対策が必要ですし、食品アレルギーが原因ならば、そのアレルギー対策が必要になります。
そのためには、肌荒れが発生したきっかけや状況などに注意を払い、原因をただしく突き止めることです。
新しい化粧水の使用がきかっけならば、その使用の中止を。特定の食品がきっかけならば、摂取の中止と、場合によっては抗アレルギー剤の服用が必要になります。

必須のケアが保湿とバリア層強化

肌荒れの原因と思われる刺激や食品などを遠ざけることと同時に、必ずやるべき、とまで言えるスキンケアがあります。それが、保湿とバリア層の強化です。
肌荒れの多くは「乾燥肌」や「バリア層の破壊」とセットになっています。
それをそのまま放置しておくことは、「ケガをした状態をそのままにしておくこと」になり、肌の潤いが蒸発して飛んでいったり、あたらしい外部からの刺激物が侵入したりします。
一般的には白色ワセリンなどがよく知られており、皮膚科などでも処方されることがありますが、今ではそれを凌ぐパワーを持った市販品もあります。
いろいろリサーチし、もし肌に合うようならば試すこともムダではありません。
そういった化粧品や化粧水を特集している専門サイトもあります。
リンクをおいておきますので、参考にしてください。=肌荒れに効く化粧水

まとめ

肌荒れには必ず原因があるので、まずその原因となっている刺激がなにかを突き止め、それを避けることが対処法の第一になります。
さらに必須のケアとして上げられるのが「保湿」と「バリア層の強化」。
白色ワセリンなども有名ですが、今ではさらに優れた特性を持つ化粧水やクリームなどもありますから、「お試し」などを利用して自分の肌にあったケア用品を見つけることも重要です。

肌荒れ発生!その時、あなたの対応は間違っていないでしょうか。肌荒れの原因や改善法などについて解説します。

更新履歴